langEnglish
ホーム > INplc > INplcの特長
INplcの特長
IoT技術、ビッグデータ技術などの産業用オートメーション技術により、製造現場においてはモノづくりの革新が進んでいます。
従来は畑違いとされていた情報技術、制御技術を統合して取り扱うことが求められてきています。
そういったニーズに対して、PCベースのプラットフォームを活用したソフトウェアPLCは最適なソリューションを提供するものとなります。
ソフトウェアPLCによる装置の高速・高精度化
演算性能
最速0.1ミリ秒の制御周期を実現
リアルタイムソフトウェアPLC「INplc」はリアルタイムOS「INtime®」上で動作します。
これにより従来のPLCを超える0.1ミリ秒の制御周期を実現しました。
PC用CPUによる高速パフォーマンス
高性能のPC用CPUによって、一般的なハードウェアPLCよりも高速パフォーマンスを発揮します。

Windowsアプリケーションとの連携
WindowsとPLC制御の並列動作
INplcは1台のPC上でWindowsと並列動作します。PLC制御で使用するプログラム領域・メモリ領域・ハードウェアはWindows管理下から独立しているため、Windows制御の影響を受けません。
高負荷のWindowsアプリケーションが実行されたとしても、0.1ミリ秒の制御周期を確実に実現します。
Windowsがフリーズしても動作
ブルースクリーンなどによりWindowsが停止した場合においても、PLC機能はその影響を受けることなく処理を継続します。
PLC機能とWindowsのデータ連携
INplcとWindowsアプリケーションのデータ通信をサポートするWindowsコンポーネント「INpMac」を提供します。 データの受け渡しは共有メモリを利用したメモリ間通信のため高速です。
また、OPC通信もサポートしています。
(OPCサーバーをオプション提供)
豊富な外部インターフェース
PLC機能を活用するための外部インターフェースに広く対応しています。
種別 対応状況
PC標準IO RS232C
USB
Ethernet
PCI / PCI Express拡張ボード デジタル入出力
アナログ入出力
RS232C / 422A / 485
ネットワーク TCP/IP
UDP/IP
FL-net
OPC UA
OPC DA
フィールドバス EtherCAT®
CC-Link
CC-Link IE Field
MECHATROLINK-Ⅲ
PROFINET
EtherNet/IPT
モーション制御 CiA402対応
RT-Motion (マイクロネット製品)
※ 対応するネットワークコントローラは以下の通りです。
・ Gigabit ethernet controllerシリーズ、 Pro/100
・ Realtek Gigabit ethernet controllerシリーズ、Realtek 100Mbps controller
トレーサブル機能によるIoT対応
トレーサブル機能
INplcでは標準機能として制御データのトレース機能が実装され、I/O情報やファンクションの実行状況などの制御データがPC上にロギングされます。
ロギングされたデータは、Webサーバー機能によって他のPCでブラウザ閲覧したり、クラウドサービスと連携してデータ分析に活用することができます。コントローラ外部との通信にはOPC UAを使用する事も可能です。

1台のPC上に機能統合
機能を統合
データトレース機能詳細
INplcはファンクションブロックコールの挙動やI/Oのインターフェース情報、システムイベント情報、タスクの状態情報などを制御データとして蓄積する「データトレース機能」を実装しています。
蓄積されたデータは「生産管理情報や製造ロット毎の品質情報、アプリケーションの保守情報などとして自由なデータフォーマットで活用できます。

トレーサブル機能 (主要抜粋)
I/Oインターフェース
情報
デジタル入出力、アナログ入出力、シリアル通信、制御ネットワーク、フィールドバス
システムイベント
情報
PLCプログラムスタート、PLCプログラム停止、ウォッチドッグ発生、ゼロ除算発生、スタックオーバーフロー発生、I/O ドライバエラー、浮動小数点エラー、CPUオーバーロード発生、配列・構造体の範囲外、プログラミング内部エラー、ブルースクリーン
タスク状態 最大処理時間、最小処理時間、タスク実行回数、システム イベント発生時
その他
ファンクション
EtherCAT®ファンクション、シリアル通信ファンクション、RTOS ファンクション、Windowsファンクション、データベースファンクション
アプリケーションデータ 変数データ、画像、動画、音声
外的要因で発生したトラブルの状況はエラー信号やその時のプログラムの状態だけでは把握しにくいですが、画像・動画・音などの情報をトレーサブルデータとして保存する事でトラブルの解析に役立てる事ができます。
トレース情報の例
13:10:10.238,200,3ee0,3ee8,ECAT_FindSlave(i),0x3eec,100
13:10:10.339,200,3ee0,3ee8,RS_SEND(i),COM1,msg="GET",len=3
13:10:10.340,200,3ee0,3ee8,RS_SEND(o),E_OK
13:10:10.341,200,3ee0,3ee8,RS_RECV(i),COM1,0x410050,len=10
13:10:10.346,200,3ee0,3ee8,RS_RECV(o),msg="132.5",len=5,E_OK
13:10:10.348,200,3ee0,3ee8,SendSemaphore(i),3f00,unit=1
13:10:10.349,200,3ee0,3ee8,SendSemaphore(o),ret=TRUE,E_OK
13:10:10.350,200,3ee0,3ee8,Marking,"温度異常障害"
トレースデータフロー
トレースデータフロー
PLCの国際標準プログラミング
IEC 61131-3準拠の開発環境
INplc-SDKはPLCプログラムの開発キットです。
国際標準規格IEC61131-3に準拠した5言語(IL,ST,LD,FBD,SFC)でのプログラム開発が可能です。
さらに、Microsoft Visual C#でもプログラム開発できます。
プログラム開発後は、コントローラと接続してダウンロードしてプログラムの配置・デバッグを行います。プログラム開発をサポートするロジックアナライザ機能やウォッチウィンドウ機能、レシピ機能などを実装しています。
また国際標準の開発環境のため、日本語はもちろん、英語、中国語、ドイツ語、フランス語など多言語にも対応しています。
※ 通常の開発キットの他に、機能拡張した開発キットも用意しています。

国際標準規格IEC 61131-3とは?
国際電気標準会議(IEC)が1993年に発行したPLC用のプログラム言語を定義した標準規格です。欧米やアジアで利用されるPLCコントローラの多くに採用されています。
豊富な制御用命令
IEC 61131-3準拠ファンクションの他、ファイル入出力や通信などを行う多くの制御用命令を用意しています。
No グループ 内容
1 型変換ファンクション 変数のデータ型を変換する
2 算術ファンクション 加算・減算・積算・除算・べき乗・補数など
3 ビット文字列ファンクション 左右ローテーション・左右シフトなど
4 文字列ファンクション 文字列の連結・検索・比較・置き換えなど
5 比較ファンクション =、>=、<=、>、<、<>
6 数値ファンクション 絶対値・sin・cos・tan・平方根など
7 ビット操作ファンクション AND・NOT・OR・XORなど
8 エッジ検出ファンクションブロック 立ち上り、立ち下り検出
9 カウンタファンクションブロック アップカウンタ、ダウンカウンタなど
10 タイマファンクションブロック パルスカウンタ、ディレイタイマなど
11 PID処理 比例 + 積分 + 微分ループ機能
12 ファイル操作 ファイルの読み書き
13 時間操作 日付や時間取得
14 PLC操作 PLCの開始や停止、リテイン書き込みなど
15 その他 国内大手メーカーからの移植に便利な機能
充実したサポート体制
お客様の開発をお助けする充実したサポート体制をご用意。
技術サポートは勿論、トレーニングやプログラムの受託開発まで幅広くサポートさせていただきます。
INplc製品のサポート
※TenAsys®, INtime®, eVM® and iRMX® are registered trademarks in USA of the TenAsys Corporation.
※EtherCAT® は、Beckhoff Automation GmbH, Germanyの登録商標です。