langEnglish
ホーム > INtime > 動作適合ハードウェア
ピックアップ
-製品・ソリューション
リアルタイムモーション制御ソリューション

-コラム
社長からの一言
動作適合ハードウェア
世界共通のハードウェアプラットフォーム
INtimeはWindows operating systemと共存/協調動作するリアルタイムOSです。
Windowsが動作可能なPC/AT互換PCをプラットフォームとするため、さまざまなPCベンダーのPCにて動作し、またPCプラットフォームで動作する様々な拡張ボード等を利用することができます。
また、INtimeはWindows 32bit/64bitを問わず協調動作をすることは勿論、Windowsレスのスタンドアロン(dRTOS)で動作が可能です。
プラットフォーム PC/AT互換機
※dRTOSではICH10システムをサポートしません。
CPU Intel x86/x64 PCアーキテクチャ
メモリ 64MB以上
HDD
■必要容量
SDK 約 200MB 程度
RT 約 90MB 程度
■フォーマット
FAT32/NTFS
適合Windows
  • Windows XP SP3以降
  • Windows Server 2003 R2 SP2以降
  • Windows Vista SP1以降
  • Windows Server 2008,およびServer 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Embedded 対応
>> 適合するWindowsサービスパックバージョン

Intel互換CPUに対応
INtimeはIntel製x86系/x64系CPUおよびIntel互換CPUにて動作が可能です。Atomプロセッサから最新のCore iシリーズプロセッサまで、用途に応じて利用していただくことが可能です。適用可能なCPUについての詳細については、下記のURLにてご案内しております。

APIC対応、MSIサポート
   APIC : Advanced Programmable Interrupt Controller
INtimeはAPICハードウェアプラットフォーム環境に対応しています。このため豊富に割り込みハードウェアを利用することが可能です。
また、PCI Expressデバイスの割り込みシグナル方式としてMSIをサポートしています(※ MSI-xは未サポート)。
MSIをサポートするPCI Expressデバイスを利用する場合は、IRQ(割り込みライン)リソースを必要とせずMSIにて割り込みを処理することが可能です。
※ PICハードウェアプラットフォーム環境は対応しておりません。