langEnglish
ホーム > INtime > 購入ガイド
INtime
ページはINtimeユーザー様向けのページです。閲覧にはログインIDとパスワードが必要です。
ピックアップ
-製品・ソリューション
リアルタイムモーション制御ソリューション

-コラム
社長からの一言
INtime購入ガイド
1. 最初にご用意いただくもの
INtime製品をご採用いただくにあたり、
最初に導入いただくものはINtimeの開発キットである INTIME-DKです。

INTIME-DKには、INtimeのリアルタイムアプリケーションを開発するために必要なライブラリファイルやヘッダファイルなどのコードとINtimeドライバ製品、VisualStudio用プラグイン、サンプルプロジェクト、ヘルプファイルなどが含まれています。

  • INTIME-DK【INtime開発ライセンスおよび開発キット】
INtimeリアルタイムアプリケーションの開発は、上記INTIME-DKを利用して、Windows環境でMicrosoft Visual Studioで開発を行います。
INTIME-DKはWindowsPCにインストールされることによって、Microsoft Visual StudioにINtimeアプリケーション開発のためのプラグインを組み込みます。
INtimeリアルタイムアプリケーションの開発
対応しているWindowsおよびMicrosoft Visual Studioのバージョンは以下をご参照ください。
INTIME-DKのライセンスは使用するコンピュータシステムにそれぞれ必要です。
1つのライセンスで複数のコンピュータにインストールして使用することはできません。
INTIME-DK購入時には、同時にINtime開発元である米国tenAsys社(ライセンサー)と「SOFTWARE REDISTRIBUTION LICENSE」の契約を結んでいただく必要がございます。
詳細は下記ページをご参照ください。

「SOFTWARE REDISTRIBUTION LICENSE」について


2. ランタイムライセンス (INTIME-RT/INTIME-MCRT/RTOS-RT/RTOS-MCRT)
INTIME-RT INtimeアプリケーションを完成するまでは、開発キットを使ってデバッグ・テスト行いますが、開発キットをインストールしたPCでINtimeカーネルを動作させることができるため、デバッグ・テストのためのランタイムライセンスを購入する必要はございません。
しかし、INtimeアプリケーションが完成して、この開発済みソフトウェアを組込みシステム(お客様の製品、又はターゲットマシン)として販売または使用するためにはターゲットマシン用のランタイムライセンス(組込みライセンス) INTIME-RT が必要となります。
組み込み機器のCPU毎にランタイムシステムのライセンスが必要となります。

ランタイムライセンスはご購入の本数が多いほど1本あたりの価格が安価になります。

  • INTIME-RT・・・INtime組込みライセンス


INtimeを動作させるターゲットPCがマルチコアCPUである場合、1台のターゲットマシン上で2つ以上のINtimeカーネルを並列動作させることができます。
マルチコアCPU上のコア毎にINtimeカーネルを設定することで複数INtimeカーネルの並列動作を実現します。(下図をご参照ください)
INTIME-MCRT
この機能を利用するためのランタイムライセンスは INTIME-RT ではなく、INTIME-MCRT をお求めください。
INTIME-MCRT は同時動作するINtimeカーネルの個数とは関係なく一定の価格で、個数の上限制限もなくINtimeカーネルを設定することができます。
1台のPCで利用されるINtimeカーネルが1つだけの場合は、上記INTIME-RTで大丈夫です。
INTIME-MCRTもご購入の本数が多いほど1本あたりの価格が安価になります。

  • INTIME-MCRT・・・INtime組込みライセンス(マルチカーネル対応)
注) INTIME-MCRTはINtime ver4.0以降をお使いの方が対象となります。

INtime製品は基本的にWindowsと協調動作をすることを前提として製品ですが、お客様のニーズに応じて、Windows無しのINtime単体での動作も可能となっています。
このようなWindows無し状態のINtimeランタイムをdRTOS(INtime Distributed RTOS)と呼称します。
RTOS-RT,MCRT
dRTOSにより、リアルタイム制御だけを行うLowEndシステムも構成できるようになりました。
GUI等を必要とするWindowsと共存したHighEndシステムとしてのINTIME-RT/MCRTとはアプリケーションレベルで高い互換性がありますので、INTIME-RT/MCRTシステム向けとして開発したソフトウェアをそのままRTOS-RT/MCRTで活用していただくことも容易なため、ソフトウェアの資産を共通してご利用頂き、ソフトウェアの開発効率が向上します。
また、マルチカーネルにも対応しておりますので、複数のCPUコア上において、それぞれ INtime カーネルを動作させることができます。

  • RTOS-RT・・・INtime組込みライセンス(dRTOS)
  • RTOS-MCRT・・・INtime組込みライセンス(dRTOSマルチカーネル対応)
注) RTOS-RT / RTOS-MCRTINtime Ver5以降をお使いの方が対象となります。

  • ランタイムライセンスのアクティベーション方式
INtimeのランタイムライセンスは利用する際にアクティベーションが必要です。
その認証方式は以下の通りです。
(1) USBアクティベーション認証方式
(2) ドングルキー(ハードウェアキー)認証方式

  • (1) USBアクティベーション認証方式
インストール後のINtimetランタイムソフトウェアをUSB接続のアクティベータで認証する方式です。一度認証手続きが完了すればUSBアクティベータは取り外してしまってかまいません。
通常はこちらをお勧めいたします。
USBアクティベータはお客様が2回目以降ご購入されますライセンスの出荷にも繰り返し利用されます。このため、認証可能残数が0になったUSBアクティベータはすみやかに当社までご返送いただく必要がございます。

USBアクティベータの運用方法詳細についてはこちらをご参照ください。
  • (2) ドングルキー(ハードウェアキー)認証方式
INtimeランタイムソフトウェアをUSBタイプのドングルキーで認証する方式です。
キーをターゲットマシンに挿入している間だけINtimeが稼働します。
キーが付属するためUSBアクティベーション認証方式よりも割高になりますが、下記のような状況では当方式でのご利用をお勧めしております。
a. 開発段階で実行用PCを複数台試したい場合
b. 実行環境が故障した場合、ライセンス再発行などの手間をかけず実行環境を継続して動作させたい場合


INtime製品を効果的にご利用いただくために、INtime製品に対しての製品メインテナンスサービスをご用意しております。
本サービスは製品購入後1年間自動的に付与されるサービスとなり以後継続契約していただくことにより引き続き安心して製品をお使い続けていただけます。
製品メインテナンスサービス
サービス内容としては、以下のような内容を揃えております。
  • (1) 製品更新サービス
お持ちのINtime製品を新しいバージョンへと自由に更新できるサービスです。
米国TenAsys社WEBサイトのDOWNLOADS(英語)ページにて更新製品コンポーネントを入手することができます。
開発キット導入時のバージョンから最新のバージョンまでを自由にダウンロードしてシステムに適用することができます。
  • (2) 技術サポートサービス
INtime製品の使用に関するアドバイス、情報提供、トラブルシューティングアシスタントを行います。
当社ベテランスタッフが親身に問題の原因特定・解決方法の提案等をいたします。


4. ドライバなどの付帯ソフトウェアのご購入
製品メインテナンスサービス 組込みシステムでは各種の拡張ボード経由で外部装置との入出力を行います。
市販のいわゆるNon-intelligentな拡張ボード(デジタルI/Oなど)はINtimeアプリケーションから直接I/O処理によって容易に制御できます。
しかし、マイコンチップ等を搭載したIntelligentな拡張ボードは、初期化等の制御処理が求められます。
これら拡張ボードの制御に対するお客様の開発負担を削減するために、マイクロネットでは各種インタフェースソフトウェア及びハードウェア(拡張ボード)を提供しています。それらの製品を「関連製品」としてまとめています。仕様を確認の上ご購入ください。
これらの付帯ソフトウェアは使用されるコンピュータ(開発システム、組込みシステム)の台数分が必要です。これらのソフトウェア、ハードウェアは開発キット、または組込みシステムの各用途に共通です。 (ただし、ソフトウェアPLC(PC_PLC)は、開発キット用PC_PLC-SDKと組込みシステム用PC_PLC-RTの2種類があります)


5. 初期のセミナー
マイクロネットではINtimeを導入されたお客様がスムーズに開発業務を始められるよう、初期導入セミナーを用意致しております。
ドライバなどの付帯ソフトウェアのご購入 INtimeはVisualStudioが利用可能な大変導入しやすい開発環境ですので、2~3日間の個別セミナーによりプログラミング方法を効率的に習得することができます。
セミナーは、千葉県高度ポリテクセンターにて定期的に開催されるものにご参加いただく形と、弊社技術者がお客様ご指定の場所に出張し、お客様で準備されたPCを使って指導するオンサイトセミナーの形がございます。


6. 具体的購入例
  • 【具体的な購入品目】
INTIME-DK (ソフトウェア開発キット) 1本(必須)
INTIME-RT(INtime組込みライセンス) 必要に応じて
付帯ソフトウェア 必要に応じて


■ 関連情報