langEnglish
ホーム > INtime > INtime 6 新機能のご紹介
INtime 6 新機能のご紹介
Windows 10に対応
INtime 6では、「Windows 10」に対応しました。
最新のWindowsプラットフォームを活用して、リアルタイムなシステムを構築できます。
それ以外のWindowsの対応状況は、以下のページをご参照ください。
適合するWindowsサービスパックバージョン
開発環境としてVisual Studio 2015に対応
INtime 6では、開発環境として「Visual Studio 2015」に対応しました。
最新のVisual Studio環境でリアルタイムアプリケーションを開発していただけます。
適合する開発環境
「Skylake」マイクロアーキテクチャに対応
INtime 6では、動作ハードウェアとして、Intel CPU「Skylake」マイクロアーキテクチャに対応しました。
最新のIntel CPUプラットフォームでもINtimeを利用したシステムを構築できます。 それ以外のCPUの対応状況は、以下のページをご参照ください。
INtimeで使用可能なCPU
Virtual Ethernetスイッチ機能追加
従来よりINtimeには、WindowsとINtime間の通信機能として利用可能なVirtual Ethernet機能が実装されていました。
INtime6ではその機能を更に進化させ、INtimeノード間でも仮想Ethernetとして通信実現が可能なVirtual Ethernetスイッチ機能が追加されました。
これによりINtimeノード間でもリアルタイムEthernetを使った通信を実現することが可能です。

Virtual Ethernetスイッチ機能