HOME お問い合わせ

☆☆☆【マイクロネット】メールニュース☆ 2014-Vol.4☆☆☆
(株)マイクロネット 2014年12月03日配信


このメールは、展示会等へご来場頂いた方、資料請求頂いた方、
その他メール配信をご承諾頂いた方へお送りしています。

_/_/_/_/ ハ イ ラ イ ト _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1) 「ソフトウェアPLCによるシステム開発技術セミナー」のご案内
 2) 三菱電機SSCNETのパートナー製品としてINtimeが選ばれました。
 3) 株式会社エム・システム技研様のEtherCATスレーブのご案内

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ■ 1) 「ソフトウェアPLCによるシステム開発技術セミナー」のご案内‥‥‥………

 来年2015年の1月23日(金)に千葉県の高度ポリテクセンターをお借りして、
 「ソフトウェアPLCによるシステム開発技術セミナー」を開催いたします。
 受講料は無料です。

 Iot技術やビッグデータ活用技術を導入する際にキーワードとなる、産業用PCの活
 用とソフトウェアPLC技術について学習できます。

 従来のPLCの機能に留まらないPCプラットフォームやソフトウェアPLCを用いて実現
 される「PC」「PLC」「表示機」などの機能を全て集約したオールインワンコント
 ローラは、Iot技術で求められる遠隔でのモニタリングや制御に最適です。

 PLC言語の国際標準規格IEC61131-3準拠のプログラムを用いたシステム開発は今後
 ニーズが増える事が考えられます。

 是非、この機会にお申込ください。

 【ソフトウェアPLCとは?】
 標準のPCプラットフォーム上でソフトウェアとして動作するPLC。
 PCプラットフォームで動作するため、最新のPC用CPUのハイパワーな演算機能と
 WindowsOSの豊富なアプリケーション機能を利用できるメリットがあります。

 ★【本セミナーは、こんな方にお勧めです。】
    ①パソコンとOfficeアプリを利用した制御システムに関心・興味がある方
   --->ソフトPLCを活用すれば、PC自身を用いてデジタル入出力、アナログ入出
     力、カウンタ処理などの機器制御の実現が可能です。 

    ②PLCプログラム作成や設備機器のメンテナンスに携わっている方
   --->ソフトウェアPLCは異常検知機能や大容量の動作ログ保存機能などの信頼
     性向上の機能を備えています。これらのハードPLCとソフトPLCの違いに
     ついて、本セミナーで丁寧にご説明させていただきます。

    ③ソフトウェアPLCの機能・能力や使い勝手に関心・興味がある方
   --->弊社マイクロネットは産業用PCハードウェアにソフトウェアPLCを組み込
     んだPLCコントローラ製品"INplc"を取り扱っております。
     この製品をベースにして、ソフトPLCの機能・能力をご説明します。

 ★【本セミナー詳細】
 コース名:ソフトウェアPLCによるシステム開発技術セミナー
 日時    :2015/01/23(金)13:00-17:00
 場所    :千葉県千葉市幕張新都心 
      高度職業能力開発促進センター(高度ポリテクセンター) 201教室
 定員    :12名
 受講料  :無料
 講義内容:■ ソフトウェアPLCの概要と特長
       - ソフトウェアPLCとハードウェアPLCの違い
       - PCスペック
       - 導入コスト
       - Windowsとの連携について
      ■プログラムの開発とデバッグ
       - 開発言語やライブラリ
       - プログラムの部品化について
       - オンラインデバッグ手法について
      ■保守性・拡張性
       - 遠隔保守方法
       - 保守部品について
      ■太陽光発電モニターシステムを題材にした応用事例
       - システム構成例と必要とされる機能について
       - デモ機器による実演

 ★【お申し込み方法】
 下記の申し込みページの連絡先へ電子メールもしくはFAXでお申込みください。
 お申込みの際は、メールタイトルを
 「セミナー参加:ソフトウェアPLCによるシステム開発技術セミナー」
 として、
 以下の情報を記載してください。

  申込区分(個人での申し込み/会社からの申込)
  企業名 (会社からの申込の場合)
  業種  (会社からの申込の場合)
  企業規模 おおよその従業員数 (会社からの申込の場合)
  担当者のお名前
  担当者の所属部署
  担当者の連絡先電話番号
  担当者のE-mailアドレス
  ※個人でお申込みの場合は、平日昼間連絡のつく連絡先を記載してください。

 ■申し込みページ■
 http://www.mnc.co.jp/contact/
  


 ■ 2) 三菱電機SSCNETのパートナー製品としてINtimeが選ばれました。‥‥………

 三菱電機様のPC向けSSCNET対応ポジションボード製品「MR-MC240/MR-MC241」と
 「MR-MC210/MR-MC211」のパートナー製品として、弊社マイクロネットのINtimeが
 パートナー製品として選ばれました。

 三菱電機様 SSCNETポジションボード特設サイト
 http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/cnt/ssc/pmerit/sscemb/mr_mc21/point.html

 三菱電機様 SSCNETポジションボード特設サイト・パートナー製品紹介
 http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/cnt/ssc/pmerit/sscemb/mr_mc21/partner.html

 SSCNETⅢ/Hは、双方向150Mbpsの通信速度とサーボシステムのために最適化された
 データフレーム構造を採用し、高性能なサーボシステム構築を可能にしたモーシ
 ョンネットワークです。 
 光ファイバ採用による耐ノイズ性の向上で、通信品質が高く、長距離配線で大規
 模なシステムにも柔軟に対応できます。
 簡単に位置決めを実現するポジションボードとINtime用APIライブラリが提供され
 ています。

 こちらのポジションボードおよびINtimeドライバについての詳細については、
 三菱電機様の営業窓口までお問い合わせください。


 ■ 3) 株式会社エム・システム技研様の製品のご紹介。━・・・・・‥‥‥………

 株式会社エム・システム技研様の出されているEtherCATおよびMECHATROLINK対応
 製品について、このたびINtime環境での動作検証を実施して、正常に動作するこ
 とが確認されましたので、ご紹介いたします。

 【EtherCATスレーブ】 
 http://www.mnc.jp/INtime/user/intimedev.php?EtherCATslave#content_1_32

 【MECHATROLINKスレーブ】
 http://www.mnc.co.jp/MECHATROLINK/index.htm#MSYSTEM



ご質問・お問合せ等につきましては、どうぞお気軽に弊社営業部までご連絡下さい。
⇒ http://www.mnc.co.jp/contact/index.htm

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏    メール配信がご不要な方、また本メールに関するご意見、お問い合わせ等は
┏    お手数ですが、下記までご返信下さい。
┌
┌    (株)マイクロネット 営業部 ( mncsales@mnc.co.jp )
┌    〒104-0041東京都中央区新富1-2-13 (TEL:03-6909-3371 FAX:03-6909-3373)
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌


※EtherCAT®は、Beckhoff Automation GmbH, Germanyの登録商標です。
Copyright© 1995 Micronet Co. All Rights Reserved.